Gallery
美容トピック メールフォーム K2u Produce C-piricastaff
酸化皮脂について
皮脂は、毛孔開口部から少し下の真皮層に位置している皮脂腺から分泌されています。皮膚や髪の毛を物理的、化学的に保護し保湿の役割を果たしています。皮脂に含まれる脂肪が皮膚の常在細菌によって分解されることによって生じる脂肪酸によって皮膚の表面は弱酸性となっています。これによって病原菌などを排除する機能も持っています。しかし、皮脂が酸化してしまうと毛根の様々な細胞の活動を阻害することが解っています。薄毛や抜け毛の一因になりますので、頭皮ケアは重要です。

酸化皮脂が溜まると

マイクロスコープで頭皮をチェックすると上右写真のように見えるのが酸化皮脂です。(古い角質なども含まれます。)酸化皮脂が溜まってしまう事は以下のデメリットがあります。
●不快な臭いを生じることがある。
●吹き出物ができやすくなる。
●細菌が繁殖し頭皮が炎症を起こしやすくなる。
●毛母細胞の活動を阻害する為健康な髪を育てる力が減少。
●毛周期が短くなる。
●育毛剤の浸透を妨げる。
●酸化皮脂に紫外線があたるとシミになりやすい。
●頭皮の弾力が低下。
酸化皮脂対策と除去
基本は日々の正しいシャンプーケアです。出来ているかチェックしましょう。
●ブラッシングで頭皮の汚れを浮かす。
●お湯だけで予備洗いをしっかりする。
●お湯の温度は38℃くらいが適温。
●シャンプーは泡立ててからつける。
●洗浄力の強いシャンプーは逆効果。(皮脂を取りすぎると、かえって皮脂の分泌量がアップする)
●心地良いと感じる力加減で頭皮をしっかり洗う。
●スタイリング剤をつける方は2度洗い。
●すすぎはしっかり。
●リンスやトリートメントは頭皮につけない。(スキャルプトリートメントは例外)
●細菌の繁殖を抑える為にドライヤーを使って乾かす

毛穴に詰まった酸化皮脂はシャンプーではなかなか除去出来ないので、スキャルプ用のトリートメントを使うのがオススメです。
シャンプー後に頭皮に擦り込んで、ヘッドマッサージをしましょう。ものによっては数分おくのも効果的です。使用の目安は週に2回程度で。


マイクロスコープチェックは無料です。
ご希望のお客様は遠慮なくスタッフにお申し付け下さい。
HOME ページTOPへ
Copyright. K2u Produce C-pirica